ラッピングバスのご案内

sawara_s.gifラッピングバスとは、バスのボディ全体を広告媒体として粘着フィルムで覆う今の時代にマッチした新しい広告手法です。路線バスの場合は、ボディ両側面と後面の合計3面が広告面となりますが、貸切りの ハイデッカーバスなどは、まさにボディ全体をフルラッピングすることもあり、イヴェント性、話題性も高くなります。路線バスの場合は、通常1年単位で、貸し切りバスの場合は、新商品のキャンペーンなどで、数日間から数ヶ月という短期間のイヴェントに活用されることが多いようです。弊社は、デザインの提案から管轄官庁やバス協会への届出、制作、施工まで、ラッピングバス制作の全分野の経験と実績を重ねてきています。

広告媒体としてみたラッピングバス

バスのボディは普通でも9m程度の長さがあります。さらに大型のバスも少なくありません。そのボディ全体が広告媒体となるわけですから、一目見ただけでも強い印象を与えることができます。当然、商品や企業の認知度はアップします。路線バスの場合、路線によって広告料金は異なりますが、千葉県の場合、1年間掲載しても100万円前後のところが多いようです。広告主となる企業にとっては、比較的安い広告料金と、初期の制作費(80万〜100万程度)で、地元に密着した宣伝を行なえるわけです。インパクトの強さ、移動することにより、大勢の人の目に触れるということを考えても、広告を打つ際の検討材料として、とても効果的であると言えるでしょう。弊社は、広告代理店やバス会社とも提携しており、多彩なご提案とサポートを提供いたします。どうぞお気軽にお問い合わせください。

ラッピングバス 完成までの流れ

  1. クライアントからの要請
    広告代理店・バス会社・ディーラー・広告主など
  2. ヒアリング
    表示内容確認:イラスト・写真・キャッチコピーなどの傾向、基調色・雰囲気・目立たせたいものなど
  3. デザイン作業
    数案提案
  4. デザイン案を基にディスカッション
    修整点の確認・意思確認など
  5. デザイン修整
  6. デザイン決定
  7. 千葉県の場合、バス協会へ申請
    業界側としての自主審査、デザイン画・面積計算表(ボディに対する広告面積の詳細な計算)
  8. 認定証の交付
  9. 自治体への申請
    該当する自治体に、広告物表示の申請バス協会からの認定証とデザイン画、面積計算表
  10. 許可〜通知
  11. フィルム加工制作開始
    プリントや切り文字の制作
  12. バスへの貼り付け施工
  13. 完成〜引渡し

ラッピングバス 基準となる見積もり

大型バスの場合
材料・加工費(3M・メディアシート):60〜65万円
貼り施工費 : 100,000円
剥離費(次回施工時):50,000円
デザイン料(初期3点・修正案・決定案):50,000円
申請費(バス協会・所轄官庁):50,000円
合計:85〜90万円

ラッピングバス これまでの実績

ラッピングバス実績1
外国人観光客を誘致する国の政策の一環として選ばれた都市の外国人向け観光バスです。
sawara2.jpg
 
ラッピングバス実績2
やはり外国人を主なターゲットとした観光バスで和風のデザインになっています。
takei_kanko.jpg


ラッピングバス実績3
千葉市にある商業複合施設と駅を結ぶ路線バスです。 

DSCF0609.JPG

 

ラッピングバス実績4
大成建設が開発した八千代市にある分譲地の宣伝用バスです。

KIF_1412.JPG
 

ラッピングバス実績5
サカタのタネの広告です。

sakata.jpg

 

ラッピングバス実績6
イオンタウンの広告です。

aeon1.jpg

 

ラッピングバス実績7
リアパネルのみのラッピングです。

safari.jpg