コミュニティバスの制作

近年、各自治体が独自でもしくは地元のバス会社と提携してコミュニティバスを走らせる傾向が強まっています。

どの自治体も「親しみやすい」「他のバスと区別したい」と考えていらっしゃるようで、そのためにもデザインは重要な要素となっています。

弊社では、バスディーラー様を通してそのような物件をご紹介いただくこともあれば、各自治体から直接ご相談いただくこともあり、千葉県内や近隣都県のコミュニティバスの制作実績が数多くなってまいりました。数えてみると30以上の自治体のバスをすでに手がけています。

時には、自治体のスタッフの方と協力して、市内の小中学校でデザイン公募を行ない、公募用紙の制作から配布、デザインの選定、その後のデジタルデータ化、加工、施工、採用された方への表彰まで、コミュニティバス作りの最初から最後まで携わることもあります。このようなノウハウも蓄積していますので、これからもコミュニティバスを走らせたいと考えている自治体の担当者の皆様のお手伝いをさせていただきたいと願っています。